ムダ毛処理は価値観の問題

ムダ毛について考える女性
私は40代の女ですが、必要ない毛というものに長年も手をかけてきました。

ついでに全身脱毛みたいなサロンには行った事がないのです。

フレッシュな頃に行く瞬間を逃し現在もデフォルトのままです。

でも必要ない毛があるのは、気になるので毎度カミソリで処理します。

手とか足はカミソリ負けはしませんが、脇はカミソリでやり続けているので、凹凸になっています。

フレッシュな頃からあまり脇を見せる事が出来ません。

実際は、脇の毛だけは永久脱毛しとけば良かったなと考えます。

手足の必要ない毛も実際に気に掛かります。

友達とか処理をしてない人を見ると、なんでしないんだろ?と考えます。

とくに外国人の仲間は処理しないですよね。

でも、毛が黒くなく金に近いので際立たないといえば、めだたないですけど。

手や足の毛もですが、女子だってヒゲも生えます。

それも処理しないって私には神経が判りません。

必要ない毛が嫌いなのにサロンに行かない私も私ですね。

私の彼氏や男友人などが女の必要ない毛どこまで許せる?と言うのを話している場面に共に居た事があります。

結局男からみても腕に必要ない毛があるのを見ると引くそうです。

きれい顔してるのに、宝の持ち腐れだ。

と言われていました。

男性も参考にしてるんですね必要ない毛に関しては。

必要ない毛について何も思わない人を毎日、処理している人の相違は何だろう…と思った時に出てきたのが、必要ない毛に対する長所観が違うんだろうな。

と考えまいた。

脱毛サロンに通う期間を短くしたいなら

脱毛サロンでの脱毛施術日数は、人各々差異があります。

かなり長期にわたる方々も見られますし、そうでない事例もあるのです。

そもそも脱毛サロンで施術を受けると、2週間ほど経てば、体毛などは抜け落ちる性質があります。

ただ2週間というのは1つの判断基準で、人によっては多少長期化してしまう場合もあるのです。
理由を言えば、サロンによる光が弱くなってしまう事があるからです。

というのも人によっては、肌が少々デリケートな事があります。

帰するところデリケートな肌ですと、サロンとしてもあまり光のレベルを強くする事ができません。

無論レベルが低くなってしまえば、所要日数も短くなる訳です。

なぜ肌がデリケートになるかというと、要因はたくさんと考慮しられますが、その実剃刀のチェンジ頻度などもあるのです。

人によっては、剃刀の刃をあまりチェンジしていません。

本当はそれは、肌に反対に大きな問題点を引き起こしてしまうのです。

同じ刃を何回も利用し回してしまうと、心残りながら脱毛のパフォーマンスが悪くなってしまい、何回も肌に刃を当てざるを得ません。

となると、必然的に肌が傷つきやすくなり、デリケートな様子になってしまうのです。

もちろんそれでは、脱毛サロンでの所要日数も長い間なってしまいます。

何せ脱毛サロンの所要日数は、短いに越した事はないのです。

むやみに長引いてしまえば、料金が高くなってしまう事もあります。

ですから脱毛サロンによる施術を受ける時には、できるだけ綿密に剃刀の刃をチェンジするべきでしょう。

脱毛サロンに通う女性

アイメイクのコツ

アイメイクも多様化しており、等身大なものから派手なものまで数多くあります。

特に大はやるしたギャルメイクは、顔のインパクトを強めてキリッと見せるものでした。

私本人、顔のインパクトが大いに弱く、目をぱっちり見せたい、明確した顔立ちにやりたい事からギャルメイクを研究し、真似していました。

ただ、相当困難なギャルメイク。

アイメイクを濃くしても全然映えず、いつもと変わらぬ感触になってしまったり、相当濃いめにするのは持て余すです。

けれども、ささやかな着眼点を抑えれば瞬く間に絢爛な濃いめアイメイクが造作なくにできます。

そのような研究の末わかった極意をお教えいたします。

濃く見せる着目点は、アイライン、アイシャドウ、付けまつげです。

真っ先に、アイホール概要に真珠がかったベージュのアイシャドウをカラーリングます。

その後、二重のラインに濃いブラウンのアイシャドウを彩色ます。

しかもアイラインを太めに引き、下まぶたにも黒目の下から目尻にかけてちょっとずつ太くなるように引き、目尻で上ラインと繋げます。

これからが要点ですが、下ラインは引くだけでなく、その上から上まぶたの二重のラインに入れた濃いめのブラウンのアイシャドウを重ねるようにカラーリングます。

アイラインをぼかすように、ちょっとずつはみ出る感じで塗るのが肝です。

そうする事で、クールでちょっと濃いめの感触を目に添加できます。

加えて付けまつげを付けます。

付けまつげは付け方が簡単ではないとよく耳にしますが、まつげの生え際に置くように付けると、付けまつげが浮かずに素敵に付けられます。

これで濃いめのギャルメイクが仕上げです。

顔立ちをエレガントにやりたい方、どうぞお試しください。

美意識が高い女性

脱毛でさっぱり

脱毛をした後の女性
必要ない毛が一杯でもしゃもしゃだった頃はものすごく想いが悪かったです。

必要ない毛が肌と摩擦しあってとにもかくにも気になっていました。

それに必要ない毛を剃ったり抜いたりすると地味に生えてきた頃にちくちくします。

この不自然さがすごくて、いつも気になっていました。

必要ない毛があると如何にしたってその必要ない毛が肌で強調されるのです。

私はこの不自然さにいつも苦しめられていて、早く脱毛がしたかったです。

でも脱毛は軽い心の内でもうにやれるほど安い値段ではないのです。

クリニックと対比したらそれはそれは安いですが、脱毛サロンといえど全身を脱毛やりたいなら相当の値段がかかります。

だから悩んでいたのですよね。

どの時期で脱毛を始めようかと悩んでいました。

他にもやっと脱毛をする気になったのです。

バイトでお金を貯めたのがきっかけでした。

そこそこのまとまったお金が貯まった事で、それを元本に脱毛をしようと思ったのです。

脱毛をする前はあんなにもしゃもしゃ肌に刺激を与えていた必要ない毛ですが、脱毛をしたらこの不自然さがスーッと無くなりました。

必要ない毛が減って行くと必要ない毛による肌の摩擦も少なくなって、ずいぶん不自然さがなくなりました。

必要ない毛がないのでスースーする感じがいいですね。

脱毛は私の心情悪い不自然さを無くしてくれたのです。

必要ない毛がなくなるとこのような成果もあっていいです。

私は現在の必要ない毛のないスース?とするこの感じがすごく好きです。