アイメイクのコツ

アイメイクも多様化しており、等身大なものから派手なものまで数多くあります。

特に大はやるしたギャルメイクは、顔のインパクトを強めてキリッと見せるものでした。

私本人、顔のインパクトが大いに弱く、目をぱっちり見せたい、明確した顔立ちにやりたい事からギャルメイクを研究し、真似していました。

ただ、相当困難なギャルメイク。

アイメイクを濃くしても全然映えず、いつもと変わらぬ感触になってしまったり、相当濃いめにするのは持て余すです。

けれども、ささやかな着眼点を抑えれば瞬く間に絢爛な濃いめアイメイクが造作なくにできます。

そのような研究の末わかった極意をお教えいたします。

濃く見せる着目点は、アイライン、アイシャドウ、付けまつげです。

真っ先に、アイホール概要に真珠がかったベージュのアイシャドウをカラーリングます。

その後、二重のラインに濃いブラウンのアイシャドウを彩色ます。

しかもアイラインを太めに引き、下まぶたにも黒目の下から目尻にかけてちょっとずつ太くなるように引き、目尻で上ラインと繋げます。

これからが要点ですが、下ラインは引くだけでなく、その上から上まぶたの二重のラインに入れた濃いめのブラウンのアイシャドウを重ねるようにカラーリングます。

アイラインをぼかすように、ちょっとずつはみ出る感じで塗るのが肝です。

そうする事で、クールでちょっと濃いめの感触を目に添加できます。

加えて付けまつげを付けます。

付けまつげは付け方が簡単ではないとよく耳にしますが、まつげの生え際に置くように付けると、付けまつげが浮かずに素敵に付けられます。

これで濃いめのギャルメイクが仕上げです。

顔立ちをエレガントにやりたい方、どうぞお試しください。

美意識が高い女性